2022年最後の自然教室☆

本日は波志江沼環境ふれあい公園に出掛けました。
画像の説明
到着後、子どもたちは遊具へ一直線。大型遊具で遊んだり、鬼ごっこをして遊ぶことができました。
遊具で遊んだ後は、沼の周りを散歩してきました(о´∀`о)
背伸びストレッチベンチに座って筋を伸ばしたり、綺麗に植えてあるパンジーやビオラを鑑賞しながらの散歩となりました。
風があり肌寒かったですが、歩いているうちにポカポカに…
冬もやっぱり運動が大事ですね!(*^-^*)b
画像の説明
午後の活動は、「お正月飾りのしめ縄リースを作ろう!」です(*'▽'*)
季節感を感じながら新年のお飾りを作り、年を越す準備をします。しめ縄の由来を知りながら、松や造花の色合いバランスをよく考えてグルーガンでくっつけていきました。
また、扇や紙垂飾りを折り紙で作りました。難しい様子でしたが、スタッフにゆっくりと丁寧に教えてもらいながら完成することができました!
最後に来年の願い事を書いて完成です‼︎
素敵なお正月飾りができました(*^▽^*)
画像の説明
夕方からはきのこ博士の自然教室が開催されました。
本日のテーマは「たまごが先か、ニワトリが先か、、、動物の生まれ方のお話」です。
早くお迎えが来る子もいたため、参加人数は少なかったのですがたくさん質問や意見を言うことが出来ました。
常連メンバーのKさん、Rくんは照れ臭かったのかはじめは声も小さかったのですが、段々肩の力が抜けてきて大きな声で発言することが出来ました!
ニワトリのご先祖がまだ生きていること、そのご先祖が6000年前から生きていることを教えてもらい、みんなビックリΣ(・ω・ノ)ノ!
ニワトリの種類もたくさん教えてもらい、その中の一つであるウコッケイを実際に見たことがある子もいましたよ(*^▽^*)
もらった卵が美味しかったんだ~と教えてくれました。
ニワトリの他には、マンボウが産む卵の数が8000万個なことや恐竜に羽毛が生えていることが最近分かったことなど色々と学ぶことが出来ました(´ω`*)
画像の説明
子ども達の感想を下にまとめたので、ぜひ読んでみてください!子どもならではの目線って面白いですね~
~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~
自然教室の感想
〇面白かったことはなんですか。
・ニワトリの種類の多さ。ウコッケイを知り合いの人が飼っていて実際に見たことがあり、卵が美味しかったことを思い出した。
・マンボウがたくさん卵を産むのに、大人になれるのが少ないこと。
・鳥が恐竜から進化したこと。
・ニワトリの先祖の姿が面白かった。
・雉やうずらがニワトリの仲間なこと。

〇知ってタメになったことはなんですか。
・シロサメの子どもの育て方を知れて良かった。
・ニワトリの種類がたくさんいることにびっくりした。
・恐竜に羽が生えていたことを知ってびっくりした。

〇分からなかったことはなんですか。
・品種改良の話が難しかった。

〇もっと知りたかったことはなんですか。
・イチゴの品種をもっと知りたかった。あまりんって知ってますか?
・人間が進化するときに、一番変わったところはどこだったのか知りたいです。
~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~◎~
きのこ博士~!!いつも楽しい授業ありがとうございます!よいお年をお迎えください(*^^*)**