海ってどうしてしょっぱいの?

今日は月に一度の「きのこ博士の自然教室」でした!
今回のテーマは、『海はどうしてしょっぱいの?海水の話』
海によってしょっぱさは違うの?、海に浮かぶ氷もしょっぱいの?など、海にまつわるたくさんの質問をきのこ博士に教えてもらいました(*^-^*)

画像の説明

途中、光の波長や水の溶解度の話など難しいお話もありましたが、集中してお話を聞くことが出来ました。
また、一人一人はじまりの挨拶、終わりの挨拶、質問と役割を持って取り組み、しっかり役割を果たすことが出来ました('◇')ゞ

画像の説明

自然教室の後は、恒例のアンケートタイム!
その日の感想やもっと知りたかったことなどを子ども達に答えてもらいます。

Q.面白かったこと、もっと知りたかったことは何ですか?
A.
・一番しょっぱい海(紅海)について知ることが出来て面白かった。(Nさん)
・流氷がおいしくないこと、あまりしょっぱくないことを知れて面白かった。(Nさん、Kさん)
・海に生きる魚は、海水の中の塩を出す力があることを知れて面白かった。(Gくん)
・海の深さが1万メートルもあることにびっくりした。

Q.分からなかったこと、もっと知りたかったことは何ですか?
A.
・いつ、どんな民族が、藻とかを使って塩を取るようになったのかを知りたかった。(Nさん)
・そもそもどうして海には塩が入っているのかを知りたいと思った。(Gくん)
・地球にはいつから海が出来たのか、知りたくなった。(Kさん)
・海が水色に見える理由をもっと知りたかった。(Bさん)
・北極にはいつからシロクマがいるのか、知りたい。(Kさん)

画像の説明
今回もたくさんの感想、質問が出てきました!
今日知ったことが子ども達の記憶にちょっとでも残ることを祈って...(´▽`*)