鳥の巣記念日

Aくん、今は様々な事柄に興味津々。

何かを見れば、シュババババッと関連する質問が飛び出します。
タジタジになりながらそれに答えていると、答えている最中にもかかわらず次の対象物への質問が出る、といった感じ。
「なんでだろう?」「どうしてだろう?」「なんのために?」で頭の中がいっぱいの様子。

でもそれは周囲に対する関心の高まりですものね。良いことです。

そこで僕もなるべく理解しやすく、誠実に、スマートに答えねば…と常々思っているのですが…。
ぎこちない。

画像の説明

この日は公園で大きな声をAくんがあげました。
Aくん「ぬおおおおおおおおおおおおおおおおっっ!!!!!!」
僕  「ど、ど、どうした、どうした??」
Aくんが指さす先には、鳥の巣が。
葉が落ち、木にかかった鳥の巣があらわになっていました。

「鳥の巣」問答のスタート。

画像の説明

僕、生まれて初めてこんなに鳥の巣について語りました…。
最終的に、Aくん、鳥の巣がいたく気に入ったようです。
「鳥の巣ってかっこいいね!!!」とのこと。

むかしむかし、俵万智さんが「『この味がいいね』と君が言ったから7月6日はサラダ記念日」と詠みましたが、それを思い出しました(歌集『サラダ記念日』より)。
「『鳥の巣ってかっこいいね!!!』と君が言ったから3月24日は鳥の巣記念日」。
本日、鳥の巣記念日に認定!